株式会社長谷川鉄工所
会社概要 沿革 製品案内 サイトマップ トップページへ
シャワー摺動装置
  1. トップページ>
  2. 製品紹介>
  3. シャワー摺動(しゅうどう)装置
シャワー摺動装置
シャワー摺動装置(Shower Osclator)
製紙工場の抄紙工程におけるワイヤー及びフェルト洗浄用として使用される、シャワーパイプの等速摺動装置です。
ACモータ(0.1kw)を使用している為、摺動装置以外に特別な電源装置が必要ありません。 また弊社独自の球面受け支持方式を採用することにより、パイプの“歪み”や“たわみ”による負荷変動が直接摺動装置本体に影響し難い為、摺動部の故障を減らし、寿命を飛躍的に向上させました。
 
 
★作動原理★
特殊な溝を切ったスクリュー(トラバススクリュー)上をポイントが追従して走行することにより回転運動(同一方向)を往復運動に変換しています。モータの回転方向は常に同一方向です。
溝両端の形状を最適化することにより、ストローク端での機械停止時間を最小限に抑えています。
トラバススクリュー
 
 
標準仕様(0.1kw×4P×減速比1/43ギヤモータ使用)
摺動装置仕様
摺動速度及びストローク数は減速機変更により変更(上記数値よりも小さくする場合に限り)可能です。 詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
 
 
★摺動装置の取付方法は8種類から選択することが可能です★
R-1R-1(L-1)タイプ
摺動装置本体のモータ側から見てシャワーパイプが右側(L-1タイプは左側)になるレイアウトです。
摺動装置本体の取付面及び反摺動装置側に設置するコロ収納ケースの取付面は下となります。 球面ブラケット、パイプ取付アーム、反駆動側コロ収納ケースの向きを変えることによりR-1→L-1、L-1→R-1に変更可能です。
R-2 R-2(L-2)タイプ
摺動装置本体のモータ側から見てシャワーパイプが右側(L-2タイプは左側)になるレイアウトです。
摺動装置本体の取付面及び反摺動装置側に設置するコロ収納ケースの取付面は上となります。 球面ブラケット、パイプ取付アーム、反駆動側コロ収納ケースの向きを変えることによりR-2→L-2、L-2→R-2に変更可能です。
O-1 O-1タイプ
摺動装置本体のモータ側から見てシャワーパイプが上になるレイアウトです。
摺動装置本体の取付面及び反摺動装置側に設置するコロ収納ケースの取付面は下となります。
固定式シャワーパイプからの改造でシャワーパイプ周辺(上流及び下流側)に障害物がある場合に有効です。
O-2 O-2タイプ
摺動装置本体のモータ側から見てシャワーパイプが下になるレイアウトです。
摺動装置本体の取付面及び反摺動装置側に設置するコロ収納ケースの取付面は上となります。
固定式シャワーパイプからの改造でシャワーパイプ周辺(上流及び下流側)に障害物がある場合に有効です。
UB SL3UBタイプ
モータ直結型のSL3B型に対しSL3UB型はチェーン駆動となり、摺動装置本体上部にモータがレイアウトされますので摺動装置後方(通路側)のスペース確保が容易になります。
摺動装置本体の取付面及び反摺動装置側に設置するコロ収納ケースの取付面は下となります。
摺動装置本体後方から見て右側にシャワーパイプが配置されるR1-01タイプ、左側にシャワーパイプが配置されるL1-01タイプがあります(イラストはR1-01タイプです)。
 
 
★カタログ・分解図(画像をクリックして下さい)★
 
シャワー摺動装置カタログ SL3B型分解図 SL3UB型分解図
シャワー摺動装置
カタログ
(PDF形式・741KB)
SL3B型分解図
(PDF形式・372KB)
SL3UB型分解図
(PDF形式・550KB)
本体の分解・組立、または購入部品の交換作業に不安がある場合は
弊社に作業をご依頼いただくことをお勧めします
 
 
ページトップへ